さわやか信州号観光ガイド

さわやか信州号

  • 白馬大雪渓
    白馬大雪渓
    信州は北アルプス北部の後立山連峰にある白馬岳(2932m)へ向かうルートの途中にあり
    日本3大雪渓の一つとして知られ、真夏でも0℃で万年雪がみられます。
  • 中房温泉・燕岳
    中房温泉・燕岳
    北アルプスの中腹、燕岳(つばくろだけ)登山口にある秘湯が中房温泉。
    日本三大急登と呼ばれる合戦尾根を登れば、コマクサ咲き乱れる花崗岩のオブジェは
    自然の芸術そのもの。
  • 栂池自然園
    栂池自然園
    信州の北アルプスの懐にただずむ変化に富んだ湿原をもつ自然園です。
    中部山岳国立公園で(第一種特別保護地域)標高1,900mに位置する
    日本でも有数の高層湿原です。
  • 八方尾根自然研究路
    八方尾根自然研究路
    北アルプス白馬連峰の唐松岳(2,696m)付近の稜線から延びる八方尾根。
    ゴンドラとリフトを乗り継ぐ八方アルペンラインの終点、八方池山荘から八方池までが
    定番のトレッキングコースとして親しまれています。
  • 常念岳登山口(一の沢)
    常念岳登山口(一の沢)
    常念岳は、北アルプス南部の常念山脈にある標高2,857mの山。
    日本百名山の一つで、比較的楽にアプローチできることと、
    北アルプスの絶景が望める縦走路で人気が高い。
  • 蝶ヶ岳登山口(三俣)
    蝶ヶ岳登山口(三俣)
    蝶ヶ岳は、北アルプスにある標高2,677mの山で、常念岳の南側に位置しています。
    この三俣から登るルートは鎖場や梯子で登る困難な箇所がなく、北アルプスを初めて
    チャレンジする方にもおすすめのルートです。
    蝶ヶ岳の魅力は、その山自体というよりも、蝶ヶ岳からの展望です。