白馬大雪渓

白馬大雪渓のご案内

白馬大雪渓
日本三大雪渓のひとつとして知られ、真夏でも0℃で万年雪が全長3.5km、幅100m、標高差600mに及ぶ白馬大雪渓。
猿倉から雪渓の入り口にあたる白馬尻まではハイキングコースで、トレッキングが楽しめます。
白馬尻から上部は本格的なアイゼンなど登山装備が必要で、大雪渓の先は、100種以上の高山植物の花が咲くお花畑が広がってます。
もちろん、そこからそのまま登山で白馬岳・白馬鑓温泉へも向かえます。

大雪渓への行き方

概略マップ

白馬大雪渓への行き方

行き方

1. さわやか信州号白馬・扇沢・穂高ルート の「白馬町 / アルピコ交通白馬町営業所」で下車 (新宿発/大阪・京都発共通)
2. JR白馬駅まで徒歩300m
3. 白馬駅前でアルピコ交通路線バス猿倉行きに乗車。
4. 約27分で猿倉バス停到着
5. 猿倉バス停より白馬尻経由で白馬大雪渓まで徒歩約90分

白馬大雪渓行き アルピコ交通路線バス(白馬駅前-猿倉間)に関して

アルピコ交通路線バス【松本地区】猿倉線(白馬駅前-猿倉)
料金:980円
所要時間:約27分
路線バス停: [白馬駅] - [八方口] - [白馬ハイツ] - [白馬八方] - [江戸村] - [小日向の湯] - [猿倉]
(2015年版)

その他の方法

白馬駅前からタクシー(1台約4,000円程)
→白馬観光タクシー(白馬駅前)0261-72-2144

さわやか信州号

東京(新宿)から白馬町・白馬大雪渓・白馬岳・白馬鑓温泉に行くには、さわやか信州号が便利です。